スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みかんの状態(9月)

IMG_0596.jpg
まだまだ青いままで色がつくまでまだしばらくかかりそうです。日照りが続いてい水分が不足している為酸味が強くなっています。普通だとこの時期に摘果した実はある程度食べられるのですが今年の実はかなりすっぱいです。摘果した実は守山(滋賀)に送って利用方法を考えます。(焼酎にみかんの汁をいれて割る等)。次回も摘果を行いますが、希望の方には送料負担のみで送付可能ですので連絡ください。だたしすっぱいみかんが食べられる方に限ります。
スポンサーサイト

2回目の消毒

小さなみかんの摘果作業を実施していたらたくさんみかんがなっている木にカメムシが沢山いるのを発見したため、やむなくカメムシ用の消毒を実施しました。農薬はテルスターで1500倍にして動力噴霧器で散布しました。散布中にカメムシが飛び回って逃げていましたが、散布後カメムシの死骸が木の下に落ちているのを見て一安心しました。これで無事収穫できそうです。

水がめ

IMG_0595.jpg
東洋園芸(株)の産業廃棄物であるつけもの樽を1個100円で入手しました。タンクの中を水洗いしてきれいにした後みかん畑に設置しました。雨水を貯めて乾季用の水として使用します。容量は200リッターです。

ナギナタガヤ

IMG_0584.jpg IMG_0585.jpg
今年から雑草対策として試しに1部の畑にナギナタガヤの種を撒く事にしました。目的は、1.雑草を抑える2.乾燥を防ぐ、3.肥料にする です。ナギナタガヤは他の雑草より早い時期に芽をだして生育し茂る為、他の雑草は日が当たらなくて育ちません。又6月になると倒れて枯れてしますので、乾燥を防ぐと同時に肥料になってくれます。 添付の写真のようになればいいです。

みかん畑の再生

IMG_0586.jpg IMG_0587.jpg IMG_0590.jpg IMG_0591.jpg
今回は時間があるので、森になったみかん畑の再生作業を少し行いました。下草を草刈機で刈った後、チェーンソーで木を切り倒す作業を行いました。次回来た時にゴミを全て焼却する予定です。来年の春に、温州みかんの種類の内、早く収穫できるみかんを植える予定です(種類は極早生)。

恵みの雨

昨夜、久しぶりに雨が降りました。みかんの木も1息しています。

雨不足

もうしばらく雨が降っていません。近所のみかん農家は朝又は夕方に水をかけています。
軽トラックの荷台に水のタンクと動力噴霧機を載せて畑の近くまで行って水かけです。
家のみかんも葉が少し黄色の木があるのでこれから水をかけようと思っています。

みかんの摘果

みかんの摘果を実施しています。対象は小さなみかん、表皮がきたないみかんです。
1段当たりで10KG程度になります。まだ青いみかんなのですっぱいのですが、利用方法を考えています。1番試したいのは、焼酎に混ぜる、ゆずの代用にならないか等です。青い皮は育毛材につかわれているようです。いい利用方法があれば連絡ください。
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
猫の時計

powered by ブログパーツの森
最新記事
月別アーカイブ
ガンバレ野菜くん
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
>
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

全国の天気

Copyright © 土佐山北みかん栽培日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。