スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小夏の木の回復状況

森状態だった畑から救出した小夏の木ですが2年目になり少し回復のきざしが見えてきました。
昨年でなかった新しい新芽が出てきて、花も少し咲いて小さな実がついています。
小夏の花の花粉は土佐文旦の人口授粉にも使用しました。
IMG_0652.jpg

スポンサーサイト

つばめの巣

高知の実家の納屋の1階の巣に、ツバメがやってきました。つばめがきたのは何十年ぶりの事ですが、大歓迎です。
親鳥が巣で卵を温めているようなので、もうすぐ雛が生まれ、餌をねだる時に黄色の口ばしが見えるのが楽しみです。
今年はいい事がありそうです。
IMG_0671.jpg

みかん畑の果物

今年もみかん畑の岸の、枇杷、すもも、やまもも、柿にたくさん実がついています。枇杷はもう色づいてきました。すももとやまももは6月には色づきます。
IMG_0651.jpg IMG_0655.jpg IMG_0653.jpg

写真は左より、枇杷、すもも、やまもも です。
 

みかんの実

みかんの花が咲いた後、ミツバチによる授粉が終わり、小さな実が付きました。
大きさは大きい実で8MMの大きさです。
IMG_0658.jpg

土佐文旦の花も同様ですが、ミツバチによる授粉と人工授粉の併用の実が付きました。
実の大きさは5MMです。
IMG_0660.jpg IMG_0662.jpg
昨年は、土佐文旦実は木に止まらず殆ど落ちてしましました。
今年は施肥を多めに行い、剪定も多めに行ったので、昨年より葉が増えて状態がよくなりました。
実が沢山木に残るのを期待しています。

みかん畑の草取り(1段目)

山のみかん畑の1段目の草取りを行いました。今年は剪定した枝の葉が木の根元に落ちているのと、古いムシロを畑に防草の為に敷いたので、草が少し減りました。反面、自然の環境がよくなったようで、ミミズ、蟻、百足等が増えたようです。
IMG_0666.jpg IMG_0667.jpg IMG_0668.jpg IMG_0669.jpg IMG_0670.jpg
最後の写真2枚には3年ものの若木移っています。今年は肥料を多めにして早く大きく育てます。



土佐文旦の畑の草取り

土佐文旦の人口授粉の作業の後、土佐分担の畑の草取りを行いました。
剪定した枝も全て取り除き、焼却しました。
IMG_0665.jpg IMG_0663.jpg

土佐文旦の人工授粉

5月に入ると土佐文旦の花が咲き始め、ミツバチ達が1日中やってきます。
家の文旦は1週間遅れですが人工授粉(人間ミツバチとなって)を行いました。
人工授粉には小夏の花粉を使用します。
1.小夏の花の内花粉の色が黄色のものを手のひらに2杯分摘み取ります。
2.花びらのめしべを取り除いた後、おしべの先端部分をはさみで切り取ります。
3.1晩日陰で乾燥させます。
4.フィルムのネガのケースに花粉を入れます。
5.紅色の粉を加えます。
6.綿棒に花粉をつけ、文旦のめしべにつけます。

今回は5月16日と17日の午前中に人工授粉を行いました。
昨年は、授粉した実が殆ど落ちてしまいました。今年は実が残ってくれればいいのですが。

みかんの若木


枯れた成木の後に植えた3年目になる若木です。小さいながらも白い花をたくさんつけたのですが、早く木を大きくしたいので、花は全て摘み取ります。ミツバチ達、ごめんなさい。

花を摘み取る前
IMG_0649.jpg

花を摘み取った後(根元の白いものが摘み取った花です。)
IMG_0650.jpg



みかんの花

IMG_0643.jpg
みかんの白い花が咲く時期になりました。まだつぼみが多めですが、1週間もすれば、いい香りが畑中に漂い、ミツバチ達がやってきて1日中蜜集めに精をだします。

小夏

小夏の時期になりました。
既に皆様には案内をだしておきますが、簡単に小夏の種類をお知らせしておきます。
1.露地もの
  従来の種があるもの
  品種改良して種が少なくなっているもの(値段は従来のものより高くなります。)

2.ハウスもの
  こちらは、種はすくなくなっているものだけです。
  ビニールハウスの設備と暖房の重油のコスト分だけ値段が高くなります。

3.サイズ
  温州みかんと同じように、2S、S、M、L、2Lがあります。

皆様には値段が1500円程度の一番安い露地物を提供しています。
外観はよくなくても味は外観がいいものと同じものです。
種があるものになりますが、入手時に運がよければ、種が少ないものを遅れます。
+500円しても種が少ないものを希望される方は連絡いただければ対応可能です。

ハウスものは2500円から6000円位迄色々あります。
露地ものは酸味がおいしいのですが、ハウスものは甘みがおいしさになっています。
私個人の意見として、味のアクセントとしては、酸味の方が、甘さよりおいしいです。

この時期、毎日1個の小夏で体調が随分よくなります。小夏は必須です。

konatsu中身




カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
猫の時計

powered by ブログパーツの森
最新記事
月別アーカイブ
ガンバレ野菜くん
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
>
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

全国の天気

Copyright © 土佐山北みかん栽培日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。